仕入れ品を強化するために利用できた不動産担保ローン

不動産担保ローンを利用し3年程度で完済できた

通販サイトの商品の仕入れの為まとまった費用が必要 | 不動産担保ローンを利用し3年程度で完済できた | 不動産担保ローンは事業主にとって心強い存在 不動産担保ローンを組んで事業資金を調達しました。

資金繰りは決して悪くはありませんが、販売する商品は事前にまとまった費用を支払うことが必要なので、今までよりも多くの売上げを期待するには、借金することが必要でした。
せっかく培った評判を台無しにしてしまうことが出来ずに、借金をする方法を考えた次第です。
その時に知ったお金を作る方法として不動産担保ローンがあります。
この方法では担保になる不動産を有していることが基本ですが、当方は該当する不動産を所有していたので、その物件を担保に利用しました。
不動産担保ローンは初めての利用でしたが、私の事例では10,000,000円の融資を受けることができ、十分に仕入れ代金に充てることができたものです。

この資金は約1.4倍になって帰ってくる計算だったので、肝心なことはまずは仕入れた商品が売れることです。
不安に感じることがありましたが、お得意さんも数多く存在していて、いわゆる2次問屋に卸すチャンネルも持っていたので、結果的には全てを完売することに成功できたことも事実です。
不動産担保ローンは低金利で上限が比較的高いメリットや、返済方法についても私の事例では余裕がありました。
約3年間程度の期間で全てを完済することができ、今ではインターネット上の輸入品販売のサイトではある程度の人気を獲得しています。