仕入れ品を強化するために利用できた不動産担保ローン

不動産担保ローンを組んで事業資金を調達しました。

サラリーマンとして働いていましたが、仕事のストレスが多いので転職を考えるようになりました。そんな時、定年退職をして悠々自適な生活をしていた両親が、暇なので一緒にコンビニ経営をしないかと提案してくれました。フランチャイズ経営になりますが、オーナーとして働くことになることに興味を持ちました。ただオーナーになるためには事業資金が必要で、両親が出資するだけでは足りないことがわかりました。自分の貯金を足すと、少し足りないことがわかったので所有しているマンションを元手にして不動産担保ローンを利用できないかと考えました。不動産担保ローンの審査を受けたところ、事業資金に必要な資金を調達できることがわかったので申し込みをしました。無事にコンビニのオーナーになり、働くようになったら、サラリーマンの時には感じられなかった仕事へのやりがいがわいてきました。高齢の両親もコンビニで短時間ですが働くことで以前よりも生き生きしています。コンビニは想像していたよりも順調だったことから、不動産担保ローンを利用していて借り入れしていた金額も前倒しで返済できました。あの時、資金不足を理由で諦めなかったら、今の順調な生活を手に入れられたと考えています。

通販サイトの商品の仕入れの為まとまった費用が必要 | 不動産担保ローンを利用し3年程度で完済できた | 不動産担保ローンは事業主にとって心強い存在 不動産担保ローンを組んで事業資金を調達しました。